地域おこし協力隊について

地域おこし協力隊の取組について

都市部から移住して地域再生に取り組む

 「地域おこし協力隊」とは、市町からの委嘱等により都市部から過疎地域等に移住してきた若者が、地域再生に向けた活動を行いながら、その地域へ定着をめざすという取組です。 
 隊員は、地場産品の開発・販売・PR活動や農林水産業への従事、住民の生活支援などの活動に地域と協力して取り組んでいます。兵庫県内には現在約100人の隊員が活動しています。退任後は約6割の隊員が地域に定住しています。

 

地域おこし協力隊レポート

地域おこし協力隊の募集について

「地域おこし協力隊」とは、都市地域から過疎地域等の条件不利地域に住民票を異動し、生活の拠点を移した者を、地方公共団体が「地域おこし協力隊員」として委託しています。 隊員は、地域に移住して、地域ブランドや地場産品の開発・販売・PR等の地域おこしの支援や、農林水産業への従事、住民の生活支援等の「地域協力活動」を行いながら、その地域への定住・定着を図る取組みです。

協力隊の募集