イベントカレンダー

[カテゴリ▼]イベントが該当する兵庫県内のエリアや、開催地を絞り込んで表示します。
[タグ▼]イベントのジャンルを絞り込んで表示します。(もう一度選択すると絞り込みが解除されます)
[日程表▼]と[月▼]で、イベント一覧表示とカレンダー表示を切り替えます。

9月
25
兵庫県 出張就職相談会 @ ひょうご移住プラザ
9月 25 @ 13:00 – 16:30

就職相談員と移住相談員が、あなたの就活をサポート!
兵庫県 出張就職相談会

兵庫県で就職をお考えの方に向けて、就職相談会を開催します。
ブースには「就職相談員」と「移住相談員」がおりますので、兵庫県への就職や移住をお考えの方は是非この機会をご利用ください!
・日程 2020年9月25日(金)13:00-16:30
・会場 ひょうご移住プラザ(ふるさと回帰支援センター内)
・詳細とお申し込みはこちら

9月
26
関係人口創出・拡大Cafe「はりまで育てたビール」披露会 @ ピオレ姫路本館6F ピオレホール
9月 26 @ 10:30 – 16:00

 「はりまで育てたビール」の披露会を開催します。会場をご覧になったり、ビールをご購入頂く場合は、ご自由にお越し頂けます(会場定員の半数の入場とさせて頂きます)。江川地域づくり協議会(兵庫県佐用町)とはりまグリーンラボ(姫路市)が協働で栽培した「はりまホップ」を使用しております。限定ビールとなっておりますので、ホップの香りと苦みをご堪能ください!!下記事項とチラシをご確認の上、ぜひお越しくださいませ。

○日時:9月26日 (土) 10:30-16:00(午前の部および午後の部)
○会場:ピオレ姫路本館6F ピオレホール(兵庫県姫路市駅前町188-1)
○申込:不要(見学やビール購入だけではなく、会場にてプログラムにご参加される場合は、下記URLより申込みが必要)
    ※https://ws.formzu.net/fgen/S52072928/ 
○料金:無料(会場で販売するビールは、600円にてお買い求めいただけます)
○内容:
■午前の部(10:30~)
 「はりまで育てたビール」披露会
 ・佐用町江川地域づくり協議会
 ・はりまグリーンラボ
■午後の部(13:30~)
 第2回 みどりのフォトバトル
 「第1回 みどりのフォトバトル」を勝ち抜いた、チャンプフォトの個展を同時開催。是非、ご覧ください!
 (個展は、12時より参加可能)

○主催:兵庫県ふるさと応援交流センター関係人口案内所運営委員会
○協力:一般社団法人兵庫県地域おこし協力隊ネットワーク、ピオレ姫路、里山サバイバルクラブ、はりまグリーンラボ
○お問い合わせ:事務局 平櫛(ひらくし)090-8936-9762 satomachi.guide.lab@gmail.com
○HP:https://www.satomachi-guide-lab.com/2020-09-26/

9月26日関係人口創出・cafeチラシのサムネイル

 

9月
27
西脇まちなか空き家リノベコンペ現地説明会
9月 27 @ 10:00 – 12:00

「日本のへそ」=日本のど真ん中にある兵庫県西脇市。
「西脇まちなか空き家リノベコンペ」では、西脇の「まちなか」における空き店舗を活用し、にぎわいの創出や地域活性化につながる事業者を募集します。

いただいた事業提案は、地域住民を中心とした審査会において、企画力や事業の持続性、地域のニーズに合っているかなどを総合的に審査。実際に物件を活用して事業化いただく方を決定します。
 詳しくは こちらをご覧ください。締め切りは9月23日(水) お問い合わせはメールで。

 

シリ丹バレー キックオフミーティング @ 四季の森生涯学習センター 多目的ホール
9月 27 @ 13:00 – 15:30

 

丹波県民局では、「兵庫2030年の展望」に掲げる“おしゃれな田舎TAMBA”に向けた主要施策として、起業家のアイデアや技術を使って地域の課題を解決する“シリ丹バレープロジェクト”を実施しています。

このたび、下記により、様々なアイデアや技術を生み出している起業家と地域住民の接点を作るためのキックオフミーティングを開催し、空き家や廃校を有効活用している事例や、地域資源のPR・農林業の効率化に役立つ取組等を紹介します。

1 開催日時  令和2年9月27日(日) 13:00~15:30

2 場  所  四季の森生涯学習センター 多目的ホール(丹波篠山市網掛429)

3 内   容

(1) 第1部:基調講演

「創造的過疎」を掲げ、ワーク・イン・レジデンスによる若者や起業者の移住や、ITベンチャー企業のサテライトオフィスの誘致による雇用の創出を推進している徳島県神山町の事例をご紹介いただきます。

・テーマ 「想像を超える創造」を生み出すまちづくり

・講 師 認定NPO法人グリーンバレー 理事 大南 信也 氏

(2) 第2部:事例発表&パネルディスカッション

 空き家や廃校を活用して働く方や、丹波地域の農業・林業へのIT活用を模索する方など、地域課題の解決に貢献されている起業家による事例発表・ディスカッションを行います。

・テーマ 地域課題解決に貢献する起業家たち

・コーディネーター 合同会社ルーフス 代表 瀬戸 大喜 氏

・パネリスト    株式会社Local PR Plan 代表取締役 安達 鷹矢 氏

株式会社パブリック・キッチン 代表取締役 山口 圭司 氏

株式会社ご近所 恒松 智子 氏

(3) 第3部:会場とのクロストーク

登壇者と会場参加者とのクロストークを実施し、起業家のアイデアを活用した地域課題解決の可能性を探ります。

4 参加申込

以下のページから参加申込を受け付けます。締切:9月22日(火)

申込が参加定員(150名)に達した場合、締切前に受付を終了します。

 なお、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、座席間隔を空けての着席となります。また、検温・手指消毒・マスク着用に御協力をお願いします。

【申込ページ】

パソコン:https://www.shinsei.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/dform.do?id=1595839062873

スマートフォン:https://www.shinsei.elg-front.jp/hyogo/uketsuke/sform.do?id=1595839062873

チラシ(シリ丹バレー)のサムネイル

 

チラシ(シリ丹バレー)2のサムネイル

10月
3
見る・聞く・味わう「暮らし」と「しごと」の魅力発見ツアー
10月 3 @ 12:00 – 10月 4 @ 17:00

miroykuchirasiのサムネイル

 兵庫県内の姫路・中播磨地域には、ものづくり産業やサービス業などの分野で多くの優れた中小企業があり、若い人材を求めています。そこで県外在住の方でUJIターン就職・移住に興味のある方を対象に、1泊2日で地域の魅力を知っていただけるツアーを実施します。中播磨地域へのUJI就職・移住に興味をお持ちの方は、是非ご参加ください。

  1. 実施日 2020年10月3日(土曜日)~4日(日曜日)
  2. 集合場所 JR姫路駅 
  3. 参加対象 県外在住の方でUJIターン就職・移住に興味のある方
    (大学1~3年生、2021年卒業予定の方、既卒・転職希望の方等)
  4. 参加費用 無料(姫路までの往復交通費、宿泊費補助)
  5. 募集定員 40名 ※申込み多数の場合は抽選
  6. 募集期間 9月14日(月曜日)まで
  7. スケジュール:2つのコースをご用意しています。 詳しくはこちらをごらんください。

     

    ■このイベントについて

    日 時

    2020年10月3日(土)12時~10月4日(日)17時

    場 所 姫路市内(集合・解散はJR姫路駅前)
    U R L https://web.pref.hyogo.lg.jp/chk12/miryokutua.html
    お問合せ先 中播磨県民センター県民交流室産業観光課 079-281-9406

     

     

 

10月
4
移住者経験者に聞く!神戸・兵庫で暮らす魅力~丹波市&神戸・里山のリアル・ローカルライフ~ @ ふるさと回帰支援センター セミナールームD
10月 4 @ 12:30 – 14:00

移住者経験者に聞く!神戸・兵庫で暮らす魅力
~丹波市&神戸・里山のリアル・ローカルライフ~
オンラインで現地のリアルな生活を聞いてみよう!丹波市&神戸里山からそれぞれ出演予定!



近年の東京一極集中やコロナ禍の影響もあり注目されつつある「地方都市」、兵庫。

実は、兵庫県は「日本の縮図」といわれるほどに大都市から農村、離島まで様々な地域で構成され多様な気候と風土を楽しめる魅力あふれる県です。

播磨、淡路、丹波、但馬、神戸・阪神

特色のある兵庫県の「5国」のうち今回は丹波と神戸での「田舎暮らし」に焦点をあて、実際に移住されて現地で生活をされている方からリアル・ローカルライフでの生の声をお届けします。

兵庫県出身でUターンをご検討の方にも、そうではないエリアからIターンをご検討の方にも楽しくご参加いただけるセミナーです。
ぜひ、地方都市でのリアルなローカルライフを覗いてみませんか?

【プログラム】
・兵庫県/神戸市/丹波市 ってどんなところ?各エリアの概要
・移住体験談① 神戸に里山?市内北部に広がる農村エリアでの生活を大公開!(神戸市北区)
・移住体験談② 丹波市について

♪オンラインゲスト♪
 ・神戸市 神戸版地域おこし協力隊 吉田彰さん
 ・丹波市 Coming soon

※コロナ禍の影響等により、予定が変更となる場合もございます。予めご了承ください。

・日程 2020/10/04(日)
・開催時間 12:30-14:00
・開催場所 ふるさと回帰支援センター セミナールームD
・定員 15名(完全予約制)
・参加自治体・参加団体主催 兵庫県・神戸市

・共催 NPO法人ふるさと回帰支援センター
・イベント詳細&お申し込みはこちら

12:15 開場 
12:30 開始
<プログラム>
 ・兵庫県・神戸市・丹波市のご紹介
 ・ゲストトーク(神戸市・丹波市からオンライン出演)
 ・質問コーナーなど
14:00 終了

その他
【会場にお越しになる皆様へ、新型コロナウイルス 感染予防対策に関してのお願い】
マスクの常時着用をお願い致します。
 受付時の体温測定、およびアルコール消毒液による除菌をお願い致します
受付時に体調確認のための「チェックシート」への記載および提出をお願いしております。
 飲食は原則禁止とさせていただきます(フタができる水筒・ペットボトルは可能です)
お手数をお掛け致しますが、ご協力よろしくお願いいたします。


<お問い合わせ>
カムバックひょうご東京センター ひょうご移住プラザ
070-2646-9028
hyogo@furusatokaiki.net

神戸くらし なんでも相談窓口
090-1697-6474
kobe@furusatokaiki.net

第1回 ムララボ @ まち活拠点 まちラボ
10月 4 @ 13:30 – 17:00

 ムララボは、地域自治組織に関わる支援者のための講座です。地域づくりに興味があったり、すでに地域に入り始めている実践的な方など、どなたでも参加できます。今回の講師は、兵庫県内各地の地域づくりに関わる方々です。普段の経験をもとに、地域にどのように入り込み、どのように関係をつくり、どう支援をしているかを現場の事例とともに学べます。
第1回~第6回の連続講座(有料)となっておりますので、下記事項をご確認いただき、ぜひお申し込みください。

第1回 2020年10月4日(日) 13:30-17:00 場所:まち活拠点 まちラボ(神戸)
【なぜ今地域自治組織の支援が重要なのか】
【地域自治組織を支援する者は、どのように地域に関わるべきか】
この連続講座の背景となる地域の現状を共有し、講座に通底する基本マインドについて皆さんとともに確認します。

第1部 基調講演(講師:作野)
・地域のおかれている現状
・地域自治組織が必要なわけ
・地域は今後どうなっていくべきか
第2部 パネルディスカッション(講師:作野・浅見・戸田・柏木・佐伯)
・地域を支援する者は、どのように地域に関わるべきか

第2回 2020年11月21日(土) 13:30-16:30 場所:オンライン(zoom)
【地域に関わる支援者の姿勢とアプローチ方法】
そもそも地域に関わる・支援するためにはどのような心持ちが必要で、どのような関わり方があるのかを学びます。

第1部(講師:浅見)
「地域に関わるお作法・姿勢」
第2部(講師:戸田)
「地域に関わるアプローチ方法とそのきっかけ・コツ」

第3回 2020年12月13日(日) 13:30-16:00 場所:複合型交流拠点ウィズあかし
【ワガゴト化・自分ごと化の秘訣〜地域での対話の方法〜】(講師:佐伯)
会議や話し合いを通じて、地域活動を他人事から自分ごとにするポイントを学びます。

第4回 2021年1月16日(土) 13:30-17:00 場所:丹波市市民プラザ
【地域支援における統計データの活用〜人口動態関連データを中心に〜】
地域支援では事実を客観データで確かめ、住民や関係者の目線合わせを促す技術が不可欠。その具体方法の一部を学びます。

第1部「講座:統計データの探し方、使い方」(講師:浅見)
第2部「ワーク:統計データを使って、分析・整理する】(講師:戸田)

第5回 2021年2月13日(土) 13:30-16:00 場所:オンライン(zoom)
【地域カルテの活かし方と住民アンケート調査】
前半は地域の現状把握のための「地域カルテ」の作り方と活かし方について、後半は住民アンケート調査の工夫すべきポイントについて、岡山での実践事例から学びます。

第1部「地域カルテの作り方と使い方」(講師:阿部)
第2部「住民アンケート調査のこだわりどころ」

第6回 2021年3月6日(土) 13:30-17:00 場所:コバコ Work&Camp(佐用)
「地域における計画の役割と活動支援〜理想の地域自治組織の体制とは?〜」
地域課題を解決していくための計画や活動支援とは?組織づくりの視点から考えます。

第1部「地域における計画のあり方と組織体制づくり、活動支援」(講師:柏木) 
第2部「交流会」

下記チラシや特設サイト(https://peraichi.com/landing_pages/view/muralabo)もご確認ください。

主催:ムララボ実行委員会
協力:兵庫県ふるさと応援交流センター

対象:地域支援に関わるアドバイザーやサポーター
   自治体の地域支援に関わる職員、地域おこし協力隊
   中間支援組織のスタッフ、大学生など
   ※ご興味があればどなたでも参加可能です。

定員:各回20名(先着順)

料金:全6回連続参加 20,000円
   単発参加 1回  5,000円(空き状況次第で単発参加も可、FB等でお知らせ)

参加方法:下記URL、もしくは、下記QRコードを読み取りお申し込みください。
    →https://muralabo1.peatix.com/view

注意事項:・新型コロナウイルスの影響により会場、定員を変更する場合があります。
     ・オンライン開催の回はZoomに接続できる環境をご自身でご準備ください。
     ・連続参加の場合、途中での返金等には対応致しかねます。

【最終】ムララボチラシ(全体版)のサムネイル【最終】ムララボチラシ(裏)のサムネイル

 

10月
10
【10/10現地説明会】農(みのり)の学校 第3期生募集中! @ 丹波市立 農の学校
10月 10 @ 10:30 – 16:00

第3期生募集中!丹波市立農(みのり)の学校

丹波市立農(みのり)の学校とは?

丹波市立農(みのり)の学校は、新規就農を目指す方が、年齢や経験の有無に関わらず、農業栽培の技術(有機無農薬栽培や丹波市の特産物栽培)、農業経営、農村文化を学び、自ら実践をすることができる全日制の農業学校です。同学校では、里山の資源を生かした有機農業の技術、最先端のICT技術とデータ分析による次世代農業経営を学ぶことのできるカリキュラムを提供します。

農(みのり)の学校 第3期生募集中!
 
◆開講期間 2021年4月~2022年3月(1年間 / 2学期制)
◆場所 兵庫県丹波市市島町上田1134番地
◆受講料 565,000円※別途、教科書代・技術検定受験料等がかかります。
◆カリキュラム詳細はコチラ
◆受講お申し込みはコチラ

(こんな方にオススメです!)
・農業を始めたいけど、何から考えたらいいのか分からない。
・どこかで学ぶ機会があればいいなと思っている。
・農作物を作るだけじゃなくて、販売まで行って生計を立てたい。

この様な不安をお持ちの方は、ぜひ現地見学会に参加して、
実際のフィールドでイメージを具体化してみてはいかがでしょう。
参加費は無料です。

現地見学会開催中!(参加費無料)
◆日程
 第3回 10月10日(土)
 第4回 11月21日(土)
 第5回 12月12日(土)
 第6回 2021年1月10日(日)
 第7回 2021年2月13日(土)

◆時間(各回共通)
 第1部 受講説明会 10:30~11:10
 第2部 現地見学会 11:30~16:00

◆場所
「丹波市立 農の学校」校舎および学校農場
 兵庫県丹波市市島町上田1134番地

◆見学会詳細・お申し込みはコチラ


■このイベントについて

お問合せ先 丹波市産業経済部農業振興課
0795-74-1465

 

10月
17
【淡路島】秋のクルーズ&まち歩きツアー @ 洲本港、洲本中心市街地
10月 17 @ 13:30 – 16:00

淡路島の「NPOあわじFANクラブ」さん主催の秋のクルーズ&まち歩きツアーが開催されます。
「島暮らし」に興味のある方は是非ご参加ください♪

!!淡路島(洲本市)への移住を検討なさっている方へ!!

夏の暑さも落ち着き、爽やかな風が吹く秋の淡路島・洲本市で移住交流ツアーを開催します。
実際の生活をイメージできる市街地のまち歩きに加え、今回は特別に「炬口釣りクラブ」のご協力のもと、クルージングができます!同行する先輩委移住者の話を聞きながら、海から望む、洲本市の景観の美しさをお楽しみください。
漁船に乗ってダイレクトに波を感じながら、淡路島のまちを眺めてみましょう✨

日時:10月17日(土)13:30~16:00 雨天の場合は24日(土)に変更
場所:洲本港、洲本中心市街地
集合場所:炬口漁港公園(洲本市炬口1-1)
定員:15名【参加対象:小学生以上】
参加費:一人500円 (おみやげ付き)
持ち物:マスク(着用)・飲み物・帽子・タオル
問合せ&申込み:
NPOあわじFANクラブ(担当 赤松)
TEL:080-5339-1378
メール:yumeno-kuni@hotmail.co.jp
詳細はこちら

11月
14
西播磨・姫路地域 新規就農希望者 日帰り農園見学ツアー @ 上郡町、佐用町、宍粟市内
11月 14 @ 09:30 – 16:30

nouennkenngakuchirasiのサムネイル

 農業の新たな担い手の育成・確保が求められているなか、都市に住む若い世代を中心に農村地域に活躍の場を求める「田園回帰」の意識が高まっています。
 そこで、中西播地域での就農に関心がある方を対象に、この地域を身近に感じてもらい、就農後の姿を具体的に描いてイメージしていただくことを目的として「日帰り農園見学ツアー」を開催します。先輩移住農家の体験談や農園訪問、行政による支援施策等を紹介します。

  1. 日時・場所
    令和2年11月14日(土曜日) 9時30分~16時30分(集合:JR姫路駅南側ロータリー)
    上郡町、佐用町、宍粟市内巡回コース
     ※貸し切りバスにて移動します。バス車内は新型コロナウィルス対策のため、間隔を空けた座席指定となります。
  2. 内容
    門積農園、味わいの里 三日月、(株)KY田中農園、JA兵庫西「旬彩蔵(山崎)」を巡回します。
    ※詳細は別紙チラシをご覧ください。
    ※内容は天候や新型コロナウィルス等の影響により変更・中止となる可能性があります。
  3. 参加について
    (1)募集人員:15名程度/コース(ご家族での参加や両コースへの参加も可能です)
    (2)参加費:1,000円/人(3歳未満は無料ですが、昼食は用意しません)
    (3)締切日:令和2年10月30日(金曜日)
    (4)申込方法:インターネット申込フォーム等(人員が達し次第、受付終了となります)
    (5)その他:参加の際は、新型コロナウィルス対策として、検温や消毒、マスク着用にご協力願います。発熱、咳などの症状がある場合は、参加をお控え下さい。当日の検温 結果により参加をお断りすることがあります。
      詳細はこちらをごらんください。

     

    ■このイベントについて

    日 時 2020年11月14日(土)9:30~16:30
    場 所 上郡町、佐用町、宍粟市内(集合・解散はJR姫路駅)
    U R L https://web.pref.hyogo.lg.jp/chk12/nouenkengaku.html
    お問合せ先 姫路農業改良普及センター経営課 079-281-9396 

     

 

メールで相談する