イベントカレンダー

[カテゴリ▼]イベントが該当する兵庫県内のエリアや、開催地を絞り込んで表示します。
[タグ▼]イベントのジャンルを絞り込んで表示します。(もう一度選択すると絞り込みが解除されます)
[日程表▼]と[月▼]で、イベント一覧表示とカレンダー表示を切り替えます。

11月
16
ふるさとを生きるワークショップ in 朝来市 @ あさご・ささゆりホール
11月 16 @ 13:30 – 16:30

ふるさとを生きるワークショップin朝来市のサムネイル

 自分が生まれたふるさとで暮らしたい! 都市部でなく地方で暮らしたい! 地方での暮らしが気になる!
だけど、こんな不安はありませんか?仕事はあるの?周りの友達は都会に出て行って、寂しくなるのでは? ふるさとに戻るタイミングっていつ? 同年代で活躍中の人はいるの?

 このワークショップでは、ふるさとで暮らす先輩方のお話を聞き、参加者同士で交流を図りながら、自分の将来を具体的に思い描きます。

○お話を聞く方(朝来市在住者)
 中島 英樹さん:(一社)朝来まちづくり機構理事、地域おこし協力隊OB)
 松本 智翔さん:竹田劇場代表、TRUSS代表)
 津  志歩さん:(株)NOUEN 新規就農者)

○申込方法
 参加者氏名(ふりがな)・性別・年代・メールアドレス・電話番号・所属(大学・勤務先等)・住所(市町村)を記入の上、以下にメールでお申し込みください。
 kita-re@fukuchiyama.ac.jp

○定 員 50名(お子様とご一緒の参加も歓迎します)
○参加費 無料

詳しくはこちらまで


■このイベントについて

日 時 2019年11月16日(土)13:30~16:30
場 所 あさご・ささゆりホール
U R L https://www.city.asago.hyogo.jp/cp/0000008319.html
お問合せ先 0773-24-7151

 

11月
17
地域の魅力発信!移住&地域との関わり創出フェア @ パシフィコ横浜 展示ホールA
11月 17 @ 11:00 – 17:00

2019_soumufair_flyer (1)のサムネイル

東京開催

\地域の魅力発信/ 移住&地域との関わり創出フェア

全国から約100の地域が集結!

兵庫県からは「カムバックひょうごセンター」淡路島から洲本市
養父市「たじま田舎暮らし情報センター」が出展します。

兵庫県に興味がある方、移住やUターンをお考えの方、
農業や地域おこし協力隊についてお知りになりたい方
お気軽にブースにお立ち寄りください。

皆さまのご来場をお待ちしております!

DF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Adobe ReaderのダウンロードページへReaderをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。


■このイベントについて

日 時 2019年11月17日(日)11:00~17:00
場 所

パシフィコ横浜 展示ホールA 

 

(神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1)

U R L https://www.facebook.com/otameshisatelliteoffice/posts/2414413422140331/
お問合せ先 総務省 地域力創造グループ 地域自立応援課 
TEL:03-5253-5392 
11月
30
神河町・市川町日帰り就農・移住ツアー @ 市川町笠形オーガニックファームほか
11月 30 @ 09:15 – 16:30

 

神河町・市川町日帰り就農・移住ツアーのサムネイル 移住関連の支援が充実していて人気の高い神河町と、有機農業の実践農家が数多く移住している市川町への日帰りツアーを実施します!両町ともに、自然豊かなちょうどええ田舎で、都市へのアクセスも便利です。
 兵庫県の真ん中で、新しい生活を始めてみませんか?

☆ 日時  令和元年11月30日(土曜日) 9時15分~16時30分
☆ 場所  神河町・市川町内(JR姫路駅集合後、貸し切りバスにて移動します。)
☆ 内容
 《ツアースケジュール》
   9時15分 JR姫路駅南側 一般車用ロータリーに集合後、出発
  10時00分 笠形オーガニックファーム見学、先輩移住者体験談(市川町上牛尾)
  12時30分 グリーンエコー笠形にて昼食
  13時45分 山田営農見学、先輩移住者体験談(神河町山田、粟賀)
  15時30分 現地出発
  16時30分 JR姫路駅到着後、解散    (詳細は別紙チラシをご覧下さい。)
               ※ツアーの内容については天候等の影響により変更となる可能性があります。
☆ 参加について
  1)参加費:1,000円程度(但し、昼食代として)
  2)募集人員:10名程度(ご夫婦やお子様連れでの参加も歓迎です。)
  3)締切日:令和元年10月31日(木曜日)

  詳しくは コチラ


■このイベントについて

日 時 2019年11月30日(土)9時15分~16時30分
場 所 兵庫県市川町、神河町
U R L https://web.pref.hyogo.lg.jp/chk12/shuunou1-9.html
お問合せ先 姫路農業改良普及センター 経営課 Tel:079-281-9396 Fax:079-281-9250

 

 

 

12月
8
ひょうご暮らし方セミナー&相談会 in 大阪(12/8) ★移住相談★ 申し込み受付中 @ 阪急グランドビル26階7号室
12月 8 @ 13:00 – 16:30

ひょうご暮らし方セミナー&相談会 in 大阪

先輩移住者の働き方・暮らし方がたっぷり聞ける!
TV番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」出演の「匠」によるスペシャルトークも!!

前回セミナーが大好評につき、さらに内容を充実して、大阪・梅田でセミナー&相談会を開催します。兵庫の特産品、記念品プレゼントも!日曜午後のひととき、お気軽にご参加下さい。

【最終】大阪セミナーチラシ(縦横比調整)のサムネイル↑クリックするとチラシの両面がご覧いただけます。↑

 ひょうごの一番の魅力は、都会と自然が近いこと・・・

 ひょうご各地へ移住した先輩たちによるいろいろな働き方、起業、就農、家の探し方、住まい方、子育てなどのリアルな体験談がたっぷり聞けます。今回はスペシャルゲストとしてTV出演の住まいの「匠」によるリフォーム・リノベーションの貴重なお話も!

 相談会では先輩移住者、地元市や地域窓口の担当者や相談員、田舎暮らし、住まいの専門職員がお待ちしています。なんでも質問してみてください。

 盛りだくさんなトークと学び、そして交流、つながり・・・この機会をお見逃しなく!!

《こんな方にオススメ》

  • 暮らし方を変えてみたい。移住や住み替えに関心がある。
  • のびのびと子育てしたい。こどもの教育を考えたい。
  • 田舎暮らしをゆっくり楽しみたい。心構えを聞いておきたい。
  • リフォーム、リノベーションに興味がある。大切なポイントを学びたい。
  • 古民家、空き家に住んでみたい。どうやって探せばいいのか知りたい。
  • 働き方を見直したい。転職、副業・複業を考えてみたい。
  • 起業に関心がある。カフェや民宿をやってみたい。
  • 畑や菜園を楽しみたい。農業を始めたい。
  • ひょうごってどんなところがあるのか知りたい。
  • 市町や地域のことを聞いてみたい。行政の支援策が知りたい。

《特典》

  • ドリンク・お菓子付き(セミナー参加者全員)
  • 記念品(3色フリクションボールペン)プレゼント(事前申込みの方)
  • ひょうごの特産品ゲット(相談会で2ブース以上まわった方)

お申し込み受付中です。(空席残りわずか!)https://www.yume-hyogo.com/entrypage-20191208/

イベント内容

Ⅰ セミナー 13:00~14:45

 1 オープニングトーク~ひょうごの魅力紹介

 2 スペシャルゲスト・すまいの匠トーク

  才本謙二さん ~リフォーム・リノベーションによる暮らしの再生~「豊かな自然に包まれた古い家で暮らすこと。」
   (有)才本建築事務所代表取締役。TV番組「大改造!!劇的ビフォーアフター」出演の匠。丹波篠山市を中心に県内外で新築住宅・店舗・公共施設等はもちろん、古民家などのリフォーム、リノベーションを数多く手がける。丹波篠山市在住。

 3 先輩移住者×市町トーク

   各地域の先輩移住者6組8人の体験談と地元市による市の紹介。

○神戸市 鶴巻耕介さん「複業で大都市の里山を守る」
     (30代 観光農園等経営 東京都からIターン)

 

 地域に根ざした生活を求めて里山の残る北区淡河町に移住。「つるまき農園」の屋号で米・サツマイモ農園、農村定住コーディネーター、茅葺き職人のテッタイ(手伝い)、古民家保存会事務局、大学生向けインターンシップのコーディネート等少量多品種型の活動を行っている。百の知恵と技を持つ現代版百姓をめざす。2児の父。


○三田市 岡田真二・まどかさん夫妻「野良仕事&大阪で企業勤め」
     (40代 会社員 大阪市からIターン)

 

 夫婦そろって田園に囲まれた同市波豆川が気に入り移住。真二さんは平日は大阪に通勤し、まどかさんは家事を担いながら、夫婦ともに日々野良仕事に励む。住まいは昔の面影を残した築100年以上の茅葺き古民家で、風呂やかまどに薪を使うなど手間をかけた心地よい暮らしを楽しんでいる。3児の親。


○三木市 藤井大輔さん「夫婦で脱サラ、カフェ付き農園を開業」
     (40代 農園&カフェ経営 大阪市からJターン)

 

 夫婦それぞれ大阪のアパレル会社、雑貨会社勤務の後、脱サラして移住し、農業研修のかたわら移動型カフェを出店。その後独立して水耕栽培による葉菜類等の生産販売を開始。今年1月には、朝採れ野菜が楽しめるカフェ「birica coffee & freshvegs」を開店して新たなチャレンジを続けている。1児の父。


○豊岡市 田中陽介さん・美紀さん夫妻「夫婦でダイバー&民宿開業」
     (30代 民宿&ダイビングショップ経営 大阪府からIターン)

 

 陽介さんは20代で海に魅せられ、但馬・香美町のダイビングショップ兼民宿に勤務し、移住。当時同じところに勤めていた美紀さんと結婚し、豊岡市竹野町でダイビングショップ「T-style」、次いで「民宿ねこざき」を開業した。水中写真がダイバーに人気で、四季を通じた海の魅力発掘にも力を入れている。


○丹波市 花田裕子さん「リタイア後の田舎暮らしを満喫」
     (60代 リタイア生活 堺市からIターン)

 

 ご主人の退職を機に田舎暮らしを考えていたところ、たまたま長男が丹波で勤務、移住したのをきっかけに、夫婦で移住。近所に住む長男が始めた農家民宿を手伝って畑で作った野菜を使った料理に腕を振るう。季節感を味わいながら、ログハウスの工房で趣味の手織りを楽しみ、暮らしを満喫している。


○洲本市 藤本沙紀さん「ライターとして島の暮らしを発信」
     (20代 フリーライター 東京都からIターン)

 

 東京の広告会社勤務を経て、移住体験イベント参加をきっかけに単身淡路島へ移住。ポピュラーなものより、”マイノリティ”の秘められた価値や想いを大きな景色に紡いで発信していくことを目的に、「紡ぎ屋」の屋号でライター業・制作活動を行っている。淡路島移住促進パンフレットなども制作。

Ⅱ 相談会 15:00~16:30(入場16:00まで)

 先輩移住者や地元市・地域窓口、田舎暮らし、住まいの担当者・相談員等がお待ちしています。移住者の本音、地域のこと、住まい、補助金、etc.・・・この機会に、何でも聞いてみましょう!

 先輩移住者相談(移住体験等)

  先輩移住者6組8人

 地元市・地域相談(地元市・地域情報、移住支援策、イベント情報)

  神 戸:神戸市
  北 摂:三田市&阪神北県民局
  北播磨:三木市&北播磨県民局
  中播磨:姫路市
  但 馬:豊岡市&但馬いなか暮らし情報センター
  丹 波:丹波市・たんば”移充”テラス Turn Wave&丹波篠山市・丹波篠山暮らし案内所
  淡 路:洲本市&あわじ暮らし総合相談窓口

 田舎暮らし相談(田舎暮らし情報)

  ひょうご田舎暮らし・多自然居住支援協議会

 住まい相談(物件探し、不動産情報、リフォーム・リノベーション、補助金)

  ひょうご住まいサポートセンター

 総合相談(全県情報、全市町移住支援策、全イベント情報、地域おこし協力隊)

  カムバックひょうごセンター・ふるさと応援交流センター 

 情報コーナー(各種情報、ちらし、パンフレット等)

ご参加について

  •  参加無料。
  •  セミナーは事前予約優先です。(定員30名) 
  •  下記の電話またはお申込みフォームから送信して下さい。
  •  相談会は予約不要。
  •  途中参加も自由です。

お申し込みフォーム

お申し込み受付中です。(空席残りわずか!)https://www.yume-hyogo.com/entrypage-20191208/


■このイベントについて

日 時

2019年12月8日(金) 13:00~16:30(12:30受付開始)

場 所

阪急グランドビル 26階 7号室 

(大阪市北区角田町8-47)

 

  •  阪急梅田駅(3階改札口)より 徒歩約3分
  •  JR大阪駅(御堂筋南口)より 徒歩約3分
  •  阪神梅田駅(東口)より 徒歩約5分
  •  地下鉄御堂筋線梅田駅(11番出口:南改札)より 徒歩約3分
  •  地下鉄谷町線東梅田駅(1番出口)より 徒歩約5分
    >>会場へのアクセスはこちら
お問合せ先 カムバックひょうごセンター
TEL:078-360-9971 FAX:078-360-0071
E-mail:hyogo_comeback@pref.hyogo.lg.jp
丹波市立農の学校 第2期生募集!!≪現地見学会開催≫ @ アットビジネスセンターPREMIUM大阪駅前(大阪・梅田)
12月 8 @ 14:30 – 16:30

丹波市立農(みのり)の学校の第2期生の募集をしています!

丹波市立農(みのり)の学校とは?

 

 

「丹波市立 農の学校」は、新規就農を目指す方が、年齢や経験の有無にかかわらず、
農業栽培の技術(有機無農薬栽培や丹波市の特産物栽培)、農業経営、農村文化を学び、自ら実践をすることができる全日制の農業学校です。「丹波市立 農の学校」では、里山の資源を生かした有機農業の技術、最先端のICT技術とデータ分析による次世代農業経営を学ぶことのできるカリキュラムを提供します。

<こんな方にオススメです。>

農業を始めたいけど、何から考えたらいいのか分からない。
どこかで学ぶ機会があればいいなと思っている。
農作物を作るだけじゃなくて、販売までおこなって生計を立てたい。

この様に、描いているイメージを更に具体的に進めてみませんか(^^)
説明会、現地見学会は参加費無料となっております。
是非、実際のフィールドでたくさん知り・感じてみてはいかがでしょうか。

【参加無料】説明会・現地見学会
<説明会>
9月22日(日)大阪 14:30~16:30
12月8日(日)大阪 14:30~16:30
◆会場 
アットビジネスセンターPREMIUM大阪駅前(大阪・梅田)
大阪府大阪市北区梅田1丁目12−17 梅田スクエアビル12階
地図>>https://abc-kaigishitsu.com/osaka/ekimae/access.html

<現地見学会>
10月20日(日) 10:30~14:00
現地見学会では当日の午後に移住相談もお受けしております。(事前予約制)

詳細はこちら>>agri-innovation.jp/minori/#section-genchi

【農の学校】説明会・見学会お申し込みはこちら>>お申込みフォーム

【募集概要】
開講期間:2020年4月~2021年3月
募集定員:20名
カリキュラム:総受講時間 1216時間
・栽培実習/実地研修  193日(976時間)
・農業技術・農業経営座学 60コマ(180時間)
・視察および現地研修   10日間(60時間)
・日本農業技術検定2・3級受験

開講募集:農の学校 校舎およびほ場(校舎所在地:兵庫県丹波市市島町上田1134番地)

 

受講料:512,000円(税別)
<その他の費用>
教科書代:3,000円、技術検定受験料:6,500円 ※以上、全て税別表示
傷害保険料:12,720円(非課税)

募集期間:
 ◆
1次募集:2019年7月30日(火)~2019年12月27日(金)
 ◆2次募集:2020年1月6日(月)~2020年3月10日(火)

入学手続き>>農の学校 公式Webサイト agri-innovation.jp/minori/


■このイベントについて

日 時 12月8日(日)大阪 14:30~16:30
場 所 アットビジネスセンターPREMIUM大阪駅前(大阪・梅田)
大阪府大阪市北区梅田1丁目12−17 梅田スクエアビル12階
U R L https://agri-innovation.jp/minori/#section-genchi
お問合せ先

丹波市移住相談窓口 
たんば”移充”テラス「Turn Wave」
戸田 晴菜

 090-2705-4110

 

メールで相談する