「都会に出てみたい」現代社会学ぶため兵庫へ

どんな業界でも学んだことが生かせる可能性を感じて

神戸学院大学
現代社会学部現代社会学科 3年生

井上直哉さん

大学を決めた理由はキャッチコピー

「高知県から出てきたので、神戸はすごい都会です。ずっと田んぽの近くで育って、虫や蛙の声を聞いてきた、夜は静かすぎて寂しい時もありますね」。

そう言いながら笑顔を見せてくれたのは井上直哉さん。高知県いの町に4人兄弟の3番目として生まれた彼だが、高校入学時には大学進学は考えておらず、兄2人が大学生活を楽しんでいるのを見ているうちに「都会に出てみたい、関西の大学に進学したい」という思いが芽生えた。

神戸学院大学の現代社会学部現代社会学科に決めた理由は、大学紹介のパンフレットにあった”将来がまだ決まっていない君へ"というキャッチコピー。たまたま目にした が「これは僕のことだ」と感じた。「今の社会」について学べる学部は「どんな業界に行っても学んだことが生かせる学問」「ここなら可能性が広がる」と志望した。

「アクティブ・ラーニング」を掲げる実習では、丹波・篠山 のお祭りに行き神輿担ぎの経験もした。実際にその場所に行き、目にし、勉強する機会も多く、体を動かすことが 大好きな自分の性にも合う。リアルな社会勉強ができる 学習は実りがあり、楽しい授業も多いという。オープンキャンバスを運営する団体「オーキャンズ」にも所属したことで人前で話をすることが増え、対人能力も付いた 。

学校以外では「ずっと憧れだった」と明かすカフェでのアルバイトを始めた。現在はシフトマネージャーという役職も任されている。「きちんと勉強して、店舗責任者と面接をして、ようやくなれる役職」と誇らしく語る。

高校時代には「花が好きだから」と園芸部に所属し、国家資格「フラワー装飾技能士」3級を取得。今は、友人の勧めで柔道に似た総合格闘技「グラップリング」の道場にも通っている。ハキハキとテンポ良く質問に答える姿からも誠実さが伺える。

将来については「子どもが好きなので、子どもに関わる職業か、今まで培った能力を生かせる営業職を考えている」

花やカフェといった柔らかいイメージと、アクティブで活発な面も持ち合わせる。どんな職業に就くにも、社会で生活するにも、人とのコミュニケーションが重要な社会。大学生活で得た経験はこの先、様々な可能性を感じさせる。

井上直哉さんの母 井上久美さん

父親が同じく神戸学院大学出身で、入学式には父親がついて行きました。私はまだ大学を訪ねたことがないのですが、サークル活動やフィールドワークの授業が楽しいという話を聞いてます。直哉は3 番目の子供で、上の2人も県外の大学に進学していたので 家を離れることは心配していませんでした。高校3年生になってから大学への進学を決意し、受験勉強を始めたので「よく合格したな、がんばったな」と。本人の希望で決めた道に進めたこと喜んでいます。大学生になってからは、日々の生活を楽しんでいるようで、アルバイトやサークル活動を通じて社会との関わりが増えた分、社交的になったように感じます。今後についても自分で働いてお金を得て、どこで生活していくにも、自分の人生を楽しく進んでいってほしいと願っています。私自身も神戸の異人館やポートタワーを訪れたことがありますが、ぜひまた兵庫県に行ってみたいですね。

 

学 生 が 成 長 を 実 感 で き る 教 育 の 実 践 ? 未来50年に向けて一(神戸学院大学)

神戸学院大学は、体質医学の世界的権威である森茂樹博士が 1966 年、「真理愛好・個性尊重」を建学の精神として創設。法、経済、経営、人文、心理(2018 年4月開設)、現代社会、グローバル・コミュニケーション、総合リハビリテーション、栄養、薬10の学部と、それぞれの学部を基礎とした大学院からなる、神戸市内で最も規模の大きい文理融合型私立総合大学です。

「都市共生型」のポートアイランドキャンパス

開学から50年の歴史を刻み「地域密着型」教育を実践する有瀬キャンパスと、教育研究の両面で産業界や行政機関と連携した実践的な学びを実現する「都市共生型」のポートアイランドキャンパスタイプの異なる2つのキャンパスに、現在、1約万1000人が学んでいます 。学生は、実社会や地域とつながり、貢献することを通じて、成長をしています。
本学はこれからも地域と協働しながら相互の発展を図り、神戸から世界へとはばたく大学を目指します。

 

2018 年4月、新学部「心理学部」誕生

本学は、これまでの人文学部人間心理学科の学びを発展させ、10 番目の学部となる「心理学部」を開設します。最大の特徴は、医療や教育、産業などの現場で心理学を生かすための専門的知識を身につけた心理職初の国家資格「公認心理師」に対応したカリキュラムを展開する予定であること。4年間で心理学の専門性と幅広い教蓑を身に付け、卒業後は医療・福祉・教育・産業・司法など活躍のフィールドは広がります。

CONSULTATION

ご相談はこちら

兵庫県ではカムバックひょうごセンターを中心に兵庫県へ移住する方をサポートしています。

RELATED INFORMATION

関連情報

兵庫の暮らし・住まい

住まいの暮らし情報

兵庫での暮らしを知る

兵庫県内の大学

兵庫県内の大学紹介

兵庫の大学を知る

兵庫県の企業一覧

兵庫県内の企業紹介

兵庫の企業を知る