赤穂市の施策

赤穂市について

  • 海、山、川が揃い、温暖で公共施設等がコンパクトにまとまった街
  • 新婚世帯家賃助成、若者世帯住宅取得支援金、転入者定住支援金を実施中
  • お試し暮らし住宅を海から徒歩10分に整備

赤穂市へのお問合せ

電話番号 0791-43-6812
担当窓口 市民部 市民対話課
URL https://www.city.ako.lg.jp/shimin/machizukur/teijyu.html
E-MAIL taiwa@city.ako.lg.jp

子育て支援

出産祝い金

・出産費助成(1人につき5万円)
・第3子以降出産時5万円分の商品券
※商工会議所の商品券。以降同

保育料支援

多子世帯の保育料軽減
<平成28年度より>
①年収約360万円未満の世帯について、第2子を半額、第3子以降を無償化
②年収約360万円未満のひとり親世帯等について、第1子を半額、第2子以降を無償化

<平成29年度より>
①市民税非課税世帯(教育認定は均等割のみ課税世帯を含む)について、第2子を無償化
②年収約360万円未満のひとり親世帯等について、第1子をさらに軽減

医療費助成

・子どもの医療費無料化(義務教育終了まで)
・高校生等入院医療費助成
・特定不妊治療費助成
(兵庫県特定不妊治療費助成額に上乗せし、1回あたり上限10万円を助成)
・妊婦健康診査費の助成
(健診費用1回5,000円を上限に11回、1回10,000円を上限に3回、計14回分を助成)
・妊婦歯科健康診査費の助成
(健診費用1回分を助成(自己負担なし))
・産婦健康診査費の助成
(健診費用1,500円を上限に2回助成)
・新生児聴覚検査費の助成
(検査費用3,000円を上限に1回助成)
・乳児健康診査費の助成
(健診費用3,500円を上限に2回助成)
・未熟児養育医療給付制度
・不育症治療費助成
(対象となる夫婦に対し、不育症治療に係る費用の一部を助成)
・子どものインフルエンザ予防接種費用の助成(生後6か月から小学6年生まで、1回につき1,000円を2回計2,000円)

その他支援

・モバイルサイト「赤穂市子育て応援ナビ赤穂すくすくキッズ」による子育て情報の提供
・チャイルドシート購入費助成(限度額1万円)
・幼児2人同乗用自転車購入費助成(限度額4万円)
・第3子以降小中入学時3万円分の商品券
・高校卒業までの養育している児童のうち、1年以上赤穂市内に住所を有する第3子以降の中学生1人につき月額5,000円を支給
・乳幼児一時預かり(生後6か月~就学前までの集団保育が可能な乳幼児、1日最大4時間まで、1時間につき500円)
・多子世帯の国民健康保険税減税制度
・キンダ―スクール事業
(御崎、坂越、有年の各保育所で2歳以上の児童とその保護者を対象として製作遊び、運動遊びなどを実施)
・幼稚園未就園児保育(3歳児)事業
(市立10幼稚園で、就園前(3歳児)親子を対象に、同年齢の子どもが一緒に遊んだり、親同士が子育てについて話し合うことができる事業を年間8回実施)
・幼稚園預かり保育事業
(市立10幼稚園で、保護者が仕事や入院・通院などで昼間家庭にいない場合、通常の保育時間以外の時間に「預かり保育」を実施。実施日 月~金(土・日、祝日、年末年始を除く)※長期休業日(春季・夏季・冬季)も実施。通年預かり 月額6,000円、一時預かり1日500円)

住まいの支援

住宅取得支援

・住宅を新築・購入した転入者に1人10万円、2人以上20万円分の商品券(条件により加算あり)
・夫婦いずれかが満45歳未満の世帯が住宅を新築・購入した場合20万円の商品券、ただし平成30年10月1日以降の住宅取得より10万円に変更。
 (条件により加算あり)
・市内の賃貸住宅に入居した新婚世帯(婚姻1年以内、夫婦どちらかが40歳未満)の家賃の一部を助成。基本月額1万円、いずれかが転入者の場合月額3,000円、共に転入者の場合月額6,000円を加算空き家バンクの物件の場合月額3,000円加算

空き家紹介

空き家情報バンク

短期住宅

お試し暮らし住宅
 2泊3日~13泊14日まで
 1日1,000円

メールで相談する