地域おこし協力隊の取組

多可町

岩座神集落

連絡先

  • 多可町総務課
  • 0795-32-2382
基礎データ

平成30年3月 / []は10年前のデータ

  • 人口39[55]
  • 世帯数17[19]
  • 18歳以下の子供の数0[0]
  • 棚田のオーナー制度
  • 棚田カフェ
  • 大学生と考えたワークショップ

小さな村の美しい棚田を活かし、都市交流で賑やかに

棚田のオーナー制度

活動の様子

長谷地区の活動の様子をお届けします。

  • 美しい棚田
  • 大学生と考えたワークショップ
  • 棚田カフェ
  • 岩座神自然学校

活動事例紹介

地域おこし協力隊からのレポート

都市住民との交流を図りながらも、高齢化の進行を考えると、将来どのように棚田を守っていけばよいのか不安が募っていました。

都市住民との「持続的な交流」をキーワードに、棚田保全に取り組んでいます。中心的な役割を担っている「棚田オーナー制度」は都市住民と集落で協働して活動中です。大学生と考えたワークショップを行い、棚田カフェをはじめています。

ここがすごい!

棚田のオーナー制度を始めて22年目、休まずにずっと走り続けています。歴史ある棚田を守りたいという熱い想いが活動の原動力になっていることは間違いありません。この想いを集落と都市のボランティアが共有していることが継続の秘訣です。

シンボルである棚田の美しさ、良さをもっと多くの人に知ってもらいたい、それを守っていく取組のなかで、多くの人と交わり、まちの人も自分たちも共に生き生きと元気に楽しく暮らしていきたいです。

「本当になにもないけど、おいしい空気と景色があるよ。」今年つくったポスターに掲げたこのフレーズは、岩座神の魅力そのもの。今取り組んでいる活動を地道に続けていくことが大きな課題です。

ターニングポイント

  • 平成9年
    棚田オーナー制度を開始
  • 平成22年
    地域再生大作戦(小規模集落元気作戦) スタート
  • 平成23年10月
    大学生とともに考える むらづくりワークショップ in 岩座神の開始
  • 平成27年9月
    棚田カフェ開始
多可町総務課
0795-32-2382